技術日記()

てきとーに気になったことなど書いていきます

RaspberryPi2のセットアップ

経緯

macの容量がパンパンになってきたので、
割れたPCの内蔵HDDを使ってファイルサーバを作ろう
あと前からraspberry pi気になっていたのでそれでやるかという流れ

使うもの

  • Raspbery Pi 2
  • microSD 32G (2Gくらいでも足りると思われ)
  • microUSBケーブル
  • LANケーブル
  • 摘出した内蔵HDD(2T)と外付け用のケース
  • 遠隔操作用pc(今回はmacを使用)

セットアップで使ったもの

  • USBキーボード
  • 液晶
  • hdmiケーブル

OS

なんとなくubuntuでやろうと思います。 有志の方がRaspberryPi用に作ってくださっているのでそちらを頂いて使います。
ARM/RaspberryPi - Ubuntu Wiki

手順

  1. microSDにubuntuを焼く
  2. Raspberry Pi2にいろいろ挿して起動
  3. opensshを入れてmacから遠隔で操作
  4. 外付けhddつないでパーティション割ってほぼHDDからブート起動
  5. Samba入れてファイル移動

参考サイト

ubuntu入れる時参考にしたサイト
Raspberry Pi 2でUbuntu14.04を使う - Qiita

パーティション切るときに大変お世話になったサイト
05 Raspberry PiファイルシステムHDD化 その1/3 (HDD接続~データ移行)

Sambaインストールの際に参考したサイト
Ubuntu 14.04 LTS : Sambaサーバー : フルアクセスの共有フォルダ作成 : Server World

ipアドレスの固定で参考にしたサイト
Ubuntu Serverで自宅サーバ - IPアドレスの固定化。 | Linux | 経済的自由を得てセミリタイヤ-悠々自適生活!

1. microSDにubuntuを焼く

  1. macにmicroSD繋ぐ
  2. diskutil listで名前を確認
  3. sudo diskutil umount 2で確認した端末名でマウント解除
  4. df -hでマウント解除できてるか確認
  5. sudo dd if=ダウンロードしてきたimgファイルのパス of=マウント解除したmicroSDのパス bs=1mでイメージ書き込み
    私の場合は/dev/disk3だったのですが、/dev/rdisk3みたいな感じで名前にrつけると早くなるらしい。 あとbs=1mで1度に書き込む量調整的な感じ
    ここでdisk3s1というdisk3のパーティションに書き込んでうまく出来ず何時間か詰まってた...

2. Raspberry Pi2にいろいろ挿して起動

  1. 液晶、キーボード、LANをつないでmicroUSBを刺す
  2. 画面がついたらid:ubuntu pass:ubuntuでログイン
    つかなかったら書き込みがうまく出来ていないかしっかり線が刺さっているか確認

3. opensshを入れてmacから遠隔で操作

  1. とりあえずsudo apt-get updateしとく
  2. sudo apt-get install openssh-serverでopenssh入れる
  3. ifconfigipアドレスを確認
  4. macからssh ubuntu@確認したアドレスでログイン

あとはipアドレスの固定とか欲しいものをapt-getで入れとく

4. 外付けhddつないでパーティション割ってほぼHDDからブート起動

  1. 外付けhddを繋いでdf -hでマウントされてるか確認し、されてたらsudo umount 名前で解除
  2. sudo fdisk -lでhddの名前確認
  3. cat /etc/fstabでマウントポイントどうなってるか確認
    今回使用したイメージはルートとbootの2つに分かれているようです。
  4. hddのパーティションの分け方を考える。
    私は参考にしたサイトとほぼ同じ構成になってます...
    ーroot 30G
    ー拡張パーティション 1800G
    |ーvar 300G
    |ー共有ファイル用 400G
    |ー残り未割り当て
    ーswapファイル 残り
    的な感じです
  5. sudo fdisk ディスク名パーティション切っていく
    書いている途中で量が多すぎて心が折れたのであとは参考サイトで...

あとhddにルートを移すのもやったのですが書き込みエラーが半端無かったので
ddコマンドを使用して書き込んだあとチェックにかけた時
やたら修復しましょうか的なのが出てきたらもう一度書き直したほうがいいかもです。

5. Samba入れてファイル移動

  1. sudo apt-get install sambaSambaインストール
  2. 共有用のファイル作って、マウント
  3. /etc/samba/smb.confを編集
  4. macのfinderから「移動」→「サーバーへ移動」でsmb://サーバのアドレスでアクセス
  5. ファイルを移してitunesの設定とか

sambaファイル設定の際に繋がらなくて詰まっていたが、設定ファイルの動作確認でsudo netstat -A inet -nplでのポート状況の確認がとても役に立った

感想

なんとか使える状態まで持っていけました。
これもネットにありがたい情報が沢山転がっていたおかげです...
RaspberryPiは今後スピーカー関連で使えないかと考え中です。

ブログ始めました

 

はじめまして

 

CTF、アプリ開発に興味があるピアノが趣味のそのへんにいる理工系の大学生(♂)です。

 

各所で「ブログなどでoutputするといいよ」と拝見したので、

影響された+学習モチベーション維持を兼ねてブログを始めました。

 

てきとーに技術系のことを書いていきます。